ナチュラルプロセスファクトリー株式会社

有機ELと目指す姿

山形から世界へ。有機エレクトロニクスの光を光源とした人口植物工場で、日本の農業が活性化する未来を目指して。

将来、農業の6次産業化の更なる後押しとして目指す姿が、有機ELを光源とした人工植物工場です。建物の内部で植物や野菜を作ることができれば、天候や自然災害に左右されず、安定した収穫が見込めます。
しかし、既存の植物工場には、光源にかかるコストの課題が残されています。蛍光灯では電気代がかかり、LEDでは初期投資がかさみ、利益を確保するのが難しいとされていました。そこでその問題を解決するべく、当社は光源となる植物栽培用有機EL光源の開発を行っています。有機ELパネルが量産されれば、導入コストが下がるうえ、電気代は蛍光灯の3~4分の1に。しかも、有機ELは光の調整が簡単にできるため、植物の育成に効果的な光源を常に与えることが可能になり、生産効率もあがります。
将来的には、太陽電池を使った太陽光を利用したり、流体力学的に計算された工場内の環境を均一に保つ技術を駆使して、徹底的に省エネ化された植物工場の開発を計画しています。工場を低コストで運営できれば、農家の収入は安定し農業は確実に活性化します。それにより、雇用・生産物・設備などの増加も期待できるうえ、日本のものづくり技術をグローバルに展開していくことを視野に入れ、当社は長期的・戦略的に研究開発に取り組んで行きます。

有機EL植物栽培
有機ELパネル

ナチュラルプロセスファクトリーが考える未来予想図

農業の6次産業化に向けてナチュラルプロセスファクトリーがサポート・支援していきます。

トップへ戻る

blogbanner
NPF 代表取締役 社長 城戸淳二のブログ

電子パンフレットを見てみる

当社会社案内パンフレットが 電子カタログ形式で閲覧できます。

電子パンフレット

原料加工例

電子パンフレット